ポリフェノールの効果を知ろう

*
ポリフェノールの効果を知ろう

意外と知られていないポリフェノールの効果


DI_IMG_5788500-thumb-815xauto-17945


ポリフェノールと聞いて、どんなもので、どんな効果があるのか即座に答えられるでしょうか。なんとなく聞いたことがあるようだけれど、どんな効果があるのかしらないという人が実に多いです。

ポリフェノールは植物の皮や種などに含まれている天然の成分で、植物が紫外線や大気汚染などのダメージを受けるのを守る役割を果たしています。

このポリフェノールを人間の体内に取り込んだら、人間の体内でどのような効果を現すのでしょうか。ポリフェノールの秘密を紹介します。


ポリフェノールの驚くべき効果とは!

樹皮や植物の種子の表面などに存在し、植物が紫外線や大気汚染などのさまざまな要因でダメージを受けるのを防ぐ働きがあるポリフェノール。人間で言うところのメラニン色素のような働きをしている成分です。

一口にポリフェノールといっても、その種類は知られているだけで4000種類以上。そばに含まれているルチンや、チョコレートに含まれるカカオマス、お茶に含まれるカテキンなどもポリフェノールの一種です。そのポリフェノールを体内に取り込むことによって、どんな効果を発揮するのでしょうか?

全てのポリフェノールに共通していえる効果は、抗酸化作用です。植物でも人間でも、長い間紫外線や過度な緊張、ストレスなどにさらされると、活性酸素というものを作り出してストレスなどと戦おうとします。

しかし、適度に保たれている状況であれば非常に役に立つこの活性酸素も、多量に作られすぎると、自分の中の健康な細胞まで傷つけて壊してしまうのです。

ポリフェノールの抗酸化作用によって人間の体内から不要な活性酸素を取り除く、一定のレベルに保つ効果があります。ポリフェノールは色んな形で多くの植物や食物に豊富に含まれています。そのため意識して摂取しなくても、毎日バランスの良い食事を取っていれば必要な分摂取できるようになっています。

また、近年ではポリフェノールの種類別の効能の違いを利用して、サプリメントや特定保健用食品などから特定のポリフェノールを摂取することで、より高い効果を期待できると考えられています。

これだけ多くの種類が存在するポリフェノール。実は抗酸化作用以外の効果は種類別によって違いがあります。

アントシアニン(赤ワイン):視機能改善、心臓病や認知症の予防 レスベラトロール(赤ワイン):長寿遺伝子を活性化させ老化を防ぐ ルチン(そば):血管を強化し、動脈硬化や高血圧を防ぐ カカオマス(ココア、チョコレート):ストレスの軽減、疲労回復、ピロリ菌の除去 カテキン(緑茶):血糖値のコントロールやコレステロール値の減少による高脂血症などの予防 ウーロン茶重合ポリフェノール(ウーロン茶):脂肪の吸収を抑え、メタボ解消やダイエットの効果 コーヒークロロゲン酸(コーヒー):脂肪燃焼効果や新陳代謝の改善、抗ガン作用 イソフラボン(大豆):美白、女性ホルモンのバランス調整

このほかにも多くの種類のポリフェノールがそれぞれの特徴を生かした効果を発揮します。


こんなにもある!ポリフェノールの種類



TSU85_koucyanotpod-thumb-815xauto-15901


抗酸化作用、抗菌作用、ストレスや疲労などの軽減、そのほか色々な病気の予防や改善に効果があるとされるポリフェノールですが、実はこういった効果だけならポリフェノールじゃなくても期待出来ます。

しかし、そういった中でもポリフェノールが期待されるのは、やはり強い抗酸化作用とどんな食材にも少なからず含まれている点です。

自然界には4000種類以上のポリフェノールがあり、それらが抗酸化作用のほかに、独自の働きをしています。では、ポリフェノールにはどんな種類があるのでしょうか?


種類豊富なポリフェノール

・アントシアニン
主にブドウの皮の色素や赤ワインに含まれています。ブドウの赤い成分がアントシアニンです。ブルーベリーやビルべりーなどにも含まれ、近年ではサプリメント等でも多く出回っています。疲れ目や視力改善などの効果を発揮します。
・イソフラボン
大豆や大豆から作られる味噌や醤油、納豆、豆腐などに多く含まれます。女性ホルモンと似た構造をしており、更年期などでバランスが崩れた女性ホルモンを整え、更年期障害の症状の緩和や骨粗しょう症を予防します。 他にはがん細胞が増殖するのを防ぎ、乳がんや前立腺がんなどの症状緩和に役立つとされています。
・エラグ酸
ベリー類やざくろ、ナッツ類などに含まれているポリフェノールです。抗酸化作用のほか、体内のメラニン色素の生成を抑える働きがあります。そのため、シミやそばかすなどの肌トラブルを抑え、美白効果が期待出来ます。
・カテキン
緑茶などお茶の茶葉に含まれている渋み成分です。継続的に摂取することで体脂肪を燃焼させる効果が期待できるほか、血中のコレステロール値を低下させるため、高脂血症や動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果があります。 また、抗菌作用や抗ウィルス作用もあり、感染症予防や虫歯予防にも効果があります。
・ケルセチン
たまねぎの皮やレタス、ブロッコリーなどに多く含まれています。抗アレルギー作用や抗炎症作用があります。
・タンニン
麦茶やほうじ茶、コーヒー、紅茶、ワインなどに含まれる渋みの成分です。血中のコレステロールを抑制することから、高脂血症や高血圧などの生活習慣病の予防やダイエットなどに効果があります。
・フラボノール
ほうれん草やりんごなどに多く含まれます。動脈硬化や心臓病などを予防する効果があります。
・ロズマリン酸
シソの葉やローズマリーレモンバームなどしそ科のハーブに多く拭くまれている成分です。過剰に反応してしまう体の免疫機能を正常化させ、アレルギーを抑える働きをします。

このほかにも、色々な食品にさまざまなポリフェノールが含まれています。興味があれば自分が食べた食べ物にどんなポリフェノールが含まれているのかしらべてみるのもたのしいものです。