ポリフェノールの効果を知ろう

ポリフェノールの効果を知ろう
ポリフェノールの効果を知ろう > 効果をさらにアップ > 効果アップ!!ポリフェノールの摂取方法

効果アップ!!ポリフェノールの摂取方法

ポリフェノールは植物や食物などに知れれているだけでも4000種類以上の種類があるといわれ、それぞれの種類が独自の効果を発揮しています。

しかし、ポリフェノールが身体にいいとわかっていても、何を童摂ればいいのかわからないのが難点。そこで、ポリフェノールの効果をより高めるための摂取方法について紹介していきます。

ポリフェノールの理想的な摂取方法


N784_bejitarianryouri-thumb-815xauto-14267

ポリフェノールの効果を期待するために必要な量は、1日1500ミリグラム。しかし、今の日本人の平均的な摂取量は1010ミリグラムと約500ミリグラムも足りていません。

ポリフェノールが不足すると、さまざまな病気や感染症などにかかりやすくなったり、アレルギー症状が出やすくなったりします。不足しがちだということを頭に入れて積極的に摂るように心がけましょう。

不足しがちだということで一度に大量に摂取する人もいますが、ポリフェノールは水溶性の性質を持っているため、一度に多量に摂取しても時間がたてば排泄されてしまいます。摂取してから体内で効果を発揮視、排出されるまでの時間は約3~4時間。

そのため一度に多量摂取しても効果は同じなので、1日3回の食事にバランスよく適度に振り分けて摂取すると効果はアップします。

ポリフェノールは色々な食品に含まれる天然の成分であるため、それを摂取しすぎることによって起こる副作用というものはほとんどありません。

しかし、そのポリフェノールが含まれている食材自体にアレルギー反応が出たり、チョコレートやコーヒーなどは食べすぎなどによる体調不良などを引き起こすこともあるので、ちょっとでも様子がおかしいなと感じたら早めに病院で診てもらうことも必要です。